ヨントーフ(醸豆腐)はマレーシア風おでん?お好みで具材も麺も選び放題

young-tau-foo02

練り物や野菜がてんこ盛り!

この写真を見て、何の屋台かすぐにわかりますか?
すぐにわかった方は、シンガポールやマレーシアに行った事がある人かもしれませんね。

これは、ヨントーフ(Young Tau Foo|醸豆腐)といって、中国からアジア各国に移住してきた人達の間で広まった料理らしいです。

以前にチャイナタウンで見かけた、練り物や野菜などがたくさん並べられている屋台が気になっていて、試してみたいなーと思っていました。

今回、クアラルンプールのパビリオン内のフードコートで、ヨントーフのお店を見つけたので、食べてみる事にしました。

パビリオンのフードコート内にあるヨントーフの店

パビリオンのフードコート内にあるヨントーフの店

ヨントーフって、どうやって注文するの?

まずは具材を選びます

練り物や魚介などの具材が、所せましと並べられています。
いろいろあって目移りしてしまいますが、この日の食事は軽めにすませたかったので、魚のすり身などを3種類選びました。
丼を自分で持って、トングで具材を取って丼の中にいれます。

young-tau-foo04

具材の数によって料金が違うので、何種類選ぶかあらかじめ決めてから選びましょう。

次に麺を選びます

麺は中華麺、米でできたビーフンの太麺、中細麺、細麺、そして春雨などの中から選びます。

young-tau-foo05

店員さんが注文した具材を調理してくれる

カウンター内で店員さんが、練り物や野菜をハサミでチョキチョキ。麺はその場で茹でてくれます。

young-tau-foo07

薬味やトッピングのソースを小皿に入れて待機する

麺が茹で上がって、スープと具材を入れてできあがり。
かなりあっさりめの春雨ヨントーフです。

young-tau-foo06

スープの味は塩味のやさしい風味。このままなら小さいお子さんでも喜んで食べてくれそうですね。
私は少し辛めが好きなので唐辛子入りのスパイシーなトッピングを加えました。

young-tau-foo03

具材や野菜を変えると、いろいろな麺料理が楽しめます。
お店によっては、基本の塩味スープの他に、ラクサスープやトムやムスープをチョイスすることもできます。

練り物が入っているので「マレーシア風おでん」とも言われたりしますが、おでんというよりは、自分で具材・野菜・麺・スープをすべて自分で選べるところがこの料理のポイントではないでしょうか。
好きなようにカスタマイズできるので、一緒に食事をする人がガッツリ食べたい人でも、あっさり済ませたい人でも、この店に入れば大丈夫。

ぜひ一度お試しあれ!!

マレーシア旅行におすすめの本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加